ウーマン

人生のイベントを写真に収める|お宮参りから成人式まで

記念として記録に残す

撮影スタジオ

人生の節目を記録する

子供が生まれて小さい間は伝統行事が多いので、写真を撮る機会がたくさんあります。家族写真というものは、普段の生活ではなかなか撮る機会がないものですし、子供たちが成長してしまうと時間的に全員集合することが難しくなったりもします。そのため、七五三など子供たちの人生の節目は写真に撮って記録しておくと良いのです。七五三は着物を着付けする家庭がほとんどなのですが、三歳や五歳では着物をずっと着た状態でいることも疲れてきます。そこで、七五三の写真撮影は着物を着て、写真を撮ってもらい、お参りのときには楽な洋装で行くと疲れにくくなります。子供たちは神社などへ行くと走り回ったりするので、楽な服装の方が親も安心です。

子供に無理をさせない

七五三というと、神社へのお参りがメインになりますが、記念に写真スタジオで撮影をする家庭がほとんどになります。七五三のシーズンになると、キャンペーンを行っているスタジオもありますが、非常に混みあいますので、直前に予約を入れても、予約がとれないこともあります。このような事態を避けるためには、余裕をもって撮影日を指定したり、あえて撮影の時期をずらすように気を付ける必要があります。お参りと写真撮影を同じ日に済ませたい人は、余裕をもって予約をしなければなりません。また、撮影日にこだわりがない人は、お参りとは別の日に、時期をずらして写真を撮ると、混みあうスタジオに行かなくて済むのです。七五三は子供のイベントなので、子供たちに無理をさせないように気を付けなければなりません。